Now Loading...

露天風呂・
ケーブルカー

SCROLL DOWN

SCROLL DOWN

STORY
祖谷温泉物語

祖谷温泉の由来

フロノタニ

はるか昔、平家が源氏との戦いに敗れ、
身を隠したといわれが残る祖谷。

切立った山々が連なった光景は、
まさに日本のチベットと言われるほど、山々は神々しさをたたえています。

この秘境の地、祖谷渓谷一帯は古くから温泉が湧出しており、
かの平家一族も祖谷への入山の折、
この温泉を見つけて湯治したという伝説も残っています。
かつて温泉は祖谷川沿いに所々で湧き出ていたらしく、
今も「フロノタニ」という地名が残っています。

祖谷温泉の泉質

美肌の湯

湯の感触はぬめりがあり、まったりとした感じ。
この感触はアルカリ成分が多い温泉にあわられるのが特徴。
その性質は古い角質を柔らかくし、優しく除去します。

アルカリ性でミネラル成分をバランスよく含んだお肌にやさしい温泉水は、
肌本来の持つ「自然治癒力」を高め、内側から綺麗になるお手伝いを致します。

泉質 アルカリ性単純硫黄温泉
成分 ナトリウム、塩素、カリシウム、炭酸などの各イオンのほか硫黄分を含んでおります。
効能 神経痛、リューマチ、外傷、婦人病、美容、健康疲労回復に最適です。
飲用 不可

自然の中で体感する
源泉かけ流し

当ホテルの温泉は、四国では珍しい源泉を、
そのままお客様にご利用いただいております。
その湧出量は源泉掛け流しをうたうほど、豊富に湧き出ています。

白い湯の花が浮いた湯舟は白濁して見えますが、
これは源泉の証でもあります。

渓谷にせり出すように作られた露天風呂で川のせせらぎをBGMに入浴、
その湧き出る温泉のシャンパーニュの泡のような気泡に全身が包まれ、
至福のひとときをお過ごしいただけます。

露天風呂へは
ケーブルカーでご案内

谷底にある源泉かけ流し露天風呂まで、
ケーブルカーでご案内いたしております。

約170m下の露天風呂までは約5分。
傾斜角42度の断崖を、
ゆっくりと大パノラマの景色を一望しながら下っていきます。

祖谷川の流れにせり出すように造られた男女別の露天風呂には、
豊富な湯量が自噴しています。

日本三大秘境の景観を楽しめるケーブルカーで、
贅沢な時間をお過ごしください。

露天風呂

渓谷の湯

渓谷の湯

森の奥から響くことりのさえずり
つやめく緑と翡翠色の川面が
やさしく目を癒してくれます

せせらぎの湯

せせらぎの湯

澄んだ泉に身をゆだねる至福のとき
ゆったりとたゆたう水面は
やわらかな光を紡ぎ出す

露天風呂「渓谷の湯」
「せせらぎの湯」のご利用が、1日交代になりました

今まで、男湯「渓谷の湯」・女湯「せせらぎの湯」でご利用いただいておりましたが、
2016年7月29日(金)より露天風呂「渓谷の湯」「せせらぎの湯」を1日交代で男女を入れ替えてご利用いただけるようになりました。
ご宿泊のお客様には、朝夕で違う景色をお楽しみながらご入浴くださいませ。

※男女入替は1日交代ですので、日帰り温泉でご利用のお客様には交代制はございませんのでご注意ください。

information /
ご利用時間:

ご宿泊のお客様 / 7時~21時 ※冬季(1月4日~2月末)は19時までとなっております。

日帰り入浴のお客様 / 7時半~18時 ※受付は17時までとさせていただきます。

ご利用料金:

ケーブルカー乗車料・露天風呂入浴料・大浴場入浴料 全て込

ご宿泊のお客様 / 無料

日帰り入浴のお客様 / 大人 1700円 小人 900円

貸切露天風呂

やまぎりの湯

やまぎりの湯

溢れ出る源泉かけ流しの温泉に浸かる
そして心ゆくまで自然の音色に耳を傾ける
貸切露天風呂「やまぎりの湯」で贅沢な時間をお過ごしください。

information /
ご利用時間:

60分

ご利用料金:

詳細はフロント(0883-75-2311)までお問合せください。

まどろみの畔

まどろみの畔

露天風呂を楽しんだ後には、祖谷川の畔でお寛ぎいただけます。
木々を渡る風の旋律と、
流るる水の響きに聞き入るひとときを。

大浴場

展望大浴場

展望大浴場

やわらかな湯が満ちる展望大浴場
ぷかりと湯船に浸かれば、
目の前には潤いを帯びた静寂の森が広がります。
11:30~翌10:30までご利用いただけますので、
ごゆっくりとお寛ぎください。

information /
ご利用時間:

11:30~翌10:30まで

ご利用料金:

大人 600円 小人 300円

入浴マナー

  • 写真

    写真撮影はNGです。

  • 写真

    湯ぶねで泳いだり、走ったりしては
    いけません。

  • 写真

    タトゥーが入っている人は
    原則、入浴できません。

  • 写真

    湯ぶねの中にタオルを
    入れてはいけません。

  • 写真

    水着の着用はできません。

  • 写真

    食後すぐや、飲酒後の入浴は
    避けましょう。

  • 写真

    長い髪は束ねて、湯ぶねの中に
    落とさないようにしましょう。

  • 写真

    湯あがりは
    体を拭いてから脱衣所へ。

  • 写真

    かけ湯をしてから
    湯ぶねに入りましょう。

お電話でのご予約・お問い合わせ0883-75-2311宿泊プラン一覧 →お問い合わせ →